日経西部ピーアール

折込広告について

地図情報システム 日経エリアバンク

「日経エリアバンク」とは、折込広告を効率的・効果的に行う事を目的に、消費者の属性情報などを地図上にビジュアル化する 地理情報システム(GIS)です。保有する様々な統計データと地図データを組み合わせる事により、狙ったターゲットに的確に到達する、 効率的な配布エリア設定と配布枚数設定が可能となりました。

日経エリアバンクには2つの機能があります

1.折込広告配布計画支援

折込広告の配布に協力にバックアップ
ターゲットに的確に届けるエリア選定可能

2.商圏分析機能

ハウスエリアのデータ分析「顧客管理」
マーケット規模の把握
「ターゲット入口・市場規模」

  • 豊富な地図データ
    業政界地図、道路地図、イメージ地図(ラスター地図)、鉄道地図、新聞売店境界地図など多彩なデジタル地図
  • 統計データ
    国税調査・商業統計・事業所統計
    日経ピーアールオリジナルデータ

搭載機能

豊富な地図データ

豊富な地図データ

さまざまな商圏作成機能

対象地点を中心として、一般的な円商圏(距離圏)や鉄道・自動車・徒歩での時間到達圏、目標値商圏、 ハフモデル等など、目的に応じて様々な商圏作成機能を持っています。

商圏作成機

豊富なデータ

最新の地域データを全国サポートしています。 約7000種の情報をデータベース化し、新聞販売店エリア、市町村、町丁字、メッシュ単位でデータ集計が可能です。

サンセスデータ 全国 ・国税調査
・事務所・企画統計
・商業統計
・住民基本台帳人口統計
・東洋経済地域経済総覧
推計データ 全国 ・推計年収別世帯数
東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県 ・日経PRオリジナルデータ

※日経PRオリジナルデータとは、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)において、主要3紙(日経・朝日・読売)の各販売店エリア単位の消費動向や意向を数値化したデータベースです。