日経西部ピーアール

折込広告について

配布エリアのプランニング・エリア設定

エリア特性を考慮し、効率的な配布エリア設定を実現

のべつ幕なしの折込広告では、非効率的で費用対効果も高まりません。日経西部ピーアールでは、 エリア情報を地理情報システム(GIS)で画像表示する「日経エリアバンク」を構築しています。 これによりターゲットに合った、効率良い配布エリア設定を可能にしています。

「男女」比率、「単身者」比率、「年齢別」比率等など、販売商品やサービスの対象に合ったエリア 情報を抽出、ターゲットに見合った配布計画を新聞販売店単位で実施します。また折込部数に合わせて ターゲットに則した販売店を抽出し、部数調整する事も可能です。

既存データを取り込む事で、町丁単位から新聞販売店、市区町村まで、レスポンスをマップと数表で ビジュアル化、その目的に応じ一目で掌握できます。こういった基礎情報を基に配布エリアの設定、 販売店の選択等に役立てる事ができます。

図

折込広告実施後の検証

日経西部ピーアールでは、折込広告実施後においても 「エリア設定→折込実施→検証→改善→次回エリア設定」とPDCAサイクルで 検証を繰り返し、常に効果の高い折込広告が実施できるよう取り組んでいます。